白髪染めの期間

【いつまで持つ?】白髪染めの色落ち期間と長持ちさせる秘訣

白髪染め,期間

 

こちらの記事では、白髪染めの色落ち期間と長持ちさせる秘訣についてまとめてみました。

 

白髪染めの色落ち期間について

白髪染めが色落ちしてしまうまでの期間は果たしてどのくらいなのでしょうか?実は染めるトーンによっても色落ちの期間は異なるようです。

 

明るいトーンは色落ちしやすい

明るいトーンの白髪染めは、染料の定着が悪く落ちやすいと言われています。特に髪の毛が傷んでいる部分には早い段階で染まるようには見えても、定着はしづらいというのが一般的な認識です。

 

暗めなトーンは色落ちしにくい

元々の自身の髪色である暗めなトーンは色落ちしにくいと言われています。但し、傷んでしまっている部分や何度もヘアカラー等を重ねてきた髪・ダメージを受けている髪等に関しては、明るいトーンのもの同様に色落ちしやすくなります。

 

白髪染めの色落ち期間を長持ちさせる3つの秘訣

白髪染めを少しでも長持ちさせるための3つの秘訣についてまとめました。

 

暗めなトーンの白髪染めを選ぶ

色落ちしにくいからという理由もありますが、白髪染めにはアッシュ系やオレンジ・ピンク系の色合いのものも近年では取り扱われていますが、人によって髪の質にも違いがあります。

 

見本カラーのように染まる・色が長持ちするといった事には大きく差が出るため、元々の地髪のカラーに近い色合いの白髪染めを選ぶ事がポイントなのです。

 

必ず適量を使用し髪に成分を浸透させる

多く染料を使用しても、効果は同じです。重要なのはしっかり浸透できるかどうかです。毛先などの傷みが発生している箇所については、早い段階で色が入る為根元から染めていく事が基本です。

 

根元と毛先は時間差をつけて染める事で、毛先の方だけが早く染まってしまったり色ムラが出る事を防止することができます。

 

アミノ酸系のシャンプーを使う

アミノ酸系のシャンプーは、髪の主成分のタンパク質を構成するアミノ酸から作られているシャンプーです。泡立ちが少なく洗浄力も弱めであり、弱酸性で低刺激な為、頭皮や髪を傷める事もなく優しく洗い上げます。

 

その為、白髪染めの色落ちもしづらく、ダメージを受けている髪にも嬉しいシャンプーです。アミノ酸系のシャンプーは、抜け毛や頭皮が気になる場合の専用シャンプーはもちろん、白髪染めシャンプーにも使われています。

 

白髪染めの色落ち期間と長持ちさせる秘訣についてまとめ

白髪染めは、しっかり染まっていても色落ちまでの期間は1か月程度です。髪が伸びればその分根元は目立ちますし、根元が目立つようになるまでには早くて2週間くらいから始まります。

 

その都度、白髪染めをする事も悪くはありませんが、染料自体が髪には少なからずダメージを与えます。しっかり染めて長持ちをさせたい場合には、染める順番を考え、染まりづらい箇所から塗り洗う時は洗浄力が弱く髪に優しいアミノ酸系のシャンプーを使う事がおすすめです。

 

また、根本的に生えてくる髪の毛の色を黒くすることができれば白髪染めで髪の毛にダメージを与えてしまうこともありません。当サイトがおすすめする黒フサ習慣はあなたの髪の毛を真っ黒にする成分がぎゅっと凝縮されているので一度試してみてはいかがでしょうか?

 

>>>黒フサ習慣を実際に使った私の口コミ

page top